スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

ウユニ塩湖 世界一の「奇跡」と呼ばれた絶景

ウユニ塩湖のことはテレビでも幾度かみたことのある絶景で、
すごいなぁと思っていました。行きたいとかそういうのは
あまりピンとこなかったけれども、この本を手に取り、
現地を実際に訪れた方が撮影したものだそうで、その作り手さんたちの
メッセージを読んでいるうちに、生ける体力があるならば、
死ぬまでにみてみたいものだなんてちょっと考えてしまいます。

日本から30時間、高山病になりながらも、それでも見に行った方とか。。。
そうかそれほどまでかと。自分もその感動を味わってみたいな。

かつては海底だったとか、その自然の神秘、奇跡に出会えたら
自分はどう感じるのかな。

どの写真もどれもが本当きれいで、天国かなって思ってしまう。
モーブ色の写真が特にお気に入りです。もっと見てみたいなぁ。
早速、PCの背景に塩湖に模様替えしました。
空の写真が好きな人にはおススメです。


book 区切り 15:00 区切り comments(0) 区切り - 区切り

川あかり / 葉室麟

ドラマになると面白いかもです。
人間臭いといってしまえば、それまでですが、ほのぼのとした人情味のある
人たちに囲まれているところにじーんとします。

book 区切り 14:44 区切り comments(0) 区切り - 区切り

山桜記 / 葉室麟

長編もいいけれど、短編もよかったです。7編ともそれぞれに
いろいろな思いが伝わってきましたよ。

book 区切り 14:43 区切り comments(0) 区切り - 区切り

そして、星の輝く夜がくる / 真山仁

今までの経済小説とは異なる作風でした。
小学校の教員・小野寺とその周りに関わる出来事を通して、
震災の問題を浮き彫りにしていく6篇のストーリー。
瓦礫、報道、原発、ボランティア、風化。。。とさまざまなことが
織り込まれ、読者に問いかけてきます。自分は震災に合わなかったから関係ない
とは思えないことがたくさん目の前にありました。
続編がありそうなので、次のものも読みたいと思わせられる作品でした。

今日は残念なことが。。。美味しいお菓子屋さんが閉店で、跡形もなく
パーキングになっていた。久しぶりに食べたいと思っていたのに。
だいぶ久しぶりだったせいか全く知らなかった。
なかなか他にない懐かしい昔ながらの甘い甘い味が恋しくて悲しいです。


book 区切り 21:25 区切り comments(0) 区切り - 区切り

置かれた場所で咲きなさい

こどもの頃、小学生か、それとももう中学生だったころなのかな、
何気なくパラパラとみたものに、次のお話が載っていて
心にずっと残っていました。

この世に「雑用」という用はありません。
私たちが用を雑にした時に、雑用となるだけです。

当時、気高さという言葉知らなかったと思うけど、子供心にも何か
感じ入るところがあったのだと思う。ずっと記憶にあり、
今でもそうありたいと心がけるように思いだします。
同じ作業をしなければならないとしたら、どちらが気持ちよく
できるか、物事の受け止め方みたいなものを教えていただけたのだと
思います。

著者の本を読んでみたいなと思いつつも、なかなか手に取ることが
なかったのが自分でも不思議なのですが…信仰心やカトリック教のことが
不案内でも、わかりやすく説かれていて、ひとつひとつに
温もりを感じられます。
ご自身のご経験、また詩も引用されていて、読み終える頃には、
静かな心地になれました。

迷うことができるのも、一つの恵み。

本当に。今の自分の環境、時代に感謝しています。
それなのに決断、選択をしてこなかったのは、
いのちの無駄使いだったのだなぁと。恐れを手放して強く
ありたいな。

続きを読む >>

book 区切り 18:05 区切り comments(0) 区切り - 区切り

アナと雪の女王 / Frozen



アニメーション映画久しぶりでした。
ディズニーの映像美にすっかり虜となってしまいました。

字幕を見てきたのですが、吹き替え版での歌も話題になっているので、
気になっています。
ディズニーらしい王道なストーリーは、シンプルなだけに、それがとてもパワフルで
心を震わせられずにはいられないです。
本当、久しぶりに心の底からぐっとこみあげてくるものを感じました。

一番好きなシーンは let it goを歌い上げながら、ダーンと大きく足を踏み鳴らし、
自分を受け入れて、自由になり、氷の宮殿を作り上げるところです。
ひとそれぞれに個性があり、誰かに侵害されたり、否定される必要はないなと。
誰かと比較するのもよくないし、自分が自分であるということは、
時に社会からみて、自分を出すには難しい面もあるかもしれないけれど。
人としての強さはやはり見ていても輝いてみえました。

帰ってから、i-tuneでこのlet it goを購入しました。
訳詩はとてもわかりやすいですね。
聞き比べると、吹き替えの松たか子さんの方がよかった。
もう少し高音にのびがあればって思いますが、それでも
十分に声に力があり、魅力的でした。
とても前向きな気持ちにさせてもらえます。
吹き替え版も見よう!!
続きを読む >>

music,cimema & art 区切り 10:46 区切り comments(0) 区切り - 区切り

赤毛のアン

 NHK朝ドラ「花子とアン」、初回からみています。

アンのシリーズは幾度となく読み返していた大好きな本で
とても懐かしいなぁ。おそらく訳されていたモンゴメリの作品は
こどもの頃、全部読んでいたはずだから。

たしかクリスマスプレゼントにシリーズがボックスに入っていたのを
覚えています。文庫本がちょっと大人に扱われたように思えて
嬉しかったせいかな心に残っています。
祖母からか両親からかは思い出せないけれど。

だから、その訳者の村岡花子さんのストーリーに興味があります。
アニメも映画もあったし、プリンス・エドワード島にもとても憧れていたなぁって。
今の小学生の女の子って読むのかな?

book 区切り 21:18 区切り comments(0) 区切り - 区切り

グリード / 真山仁

強欲は善。。。うーん、強欲な部分があっても、他人さんにはひけらかしたくない
部分なのではないかな、オブラートに包み隠してかな。
むきだしな人はちょっと怖いです。そういうアグレッシブさ、ハングリーなのも
確かに大事だけれども。
国民性の違いと言ってしまえば、それまでだけれども、だからこそ
その人々の強欲な部分にしかけられていく色々な展開が面白かったです。

やっぱりこれも映像でみたいな。大森南朋の鷲津がとてもみたいです。
長いあいだみていないもの。
このあいだのドラマもよかったけれども。憂いを秘めた、すべてを
ひけらかさない大人な演技がいいです。


続きを読む >>

book 区切り 21:11 区切り comments(0) 区切り - 区切り

ステキな金縛り

三谷さんの作品で、自分が見た中では好きだなって
感じられた。
西田敏行さんの演技もさることながら、深津絵里さん、お二人の
組み合わせに意外性が感じられてよかったです。
これまでの映画は全般的に、個人的にはやりすぎ感が鼻につくという印象で。。。
どちらかというと苦手。
でもこれは、すっと作品の中に入れて、素直に楽しめました。

ただ、最後の六兵衛さんからのサプライズは必要なかったなと
思える。草なぎくんは演技が下手で、これまでのせっかくの空気感を
壊していました。もっとましな演技する人いただろうに。
こういう落ち感がくどくてひつこいというか、粘着質で押し付けがましい
気配を漂わす三谷作品が今一つの印象をもってしまうんだろうな。
スマートじゃないんだよね。好みの差だろうけど、残念な点です。

music,cimema & art 区切り 14:12 区切り comments(0) 区切り - 区切り

潮なり / 葉室麟

陰影を含ませながらの展開は好みでした。
ただ期待値が高すぎたせいか、ちょっと期待はずれな部分も。。。
もう少し丁寧な話の運びのものを読ませていただきたかったなぁ。

- 区切り 21:07 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/64Pages 区切り >>