スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

ウユニ塩湖 世界一の「奇跡」と呼ばれた絶景

ウユニ塩湖のことはテレビでも幾度かみたことのある絶景で、
すごいなぁと思っていました。行きたいとかそういうのは
あまりピンとこなかったけれども、この本を手に取り、
現地を実際に訪れた方が撮影したものだそうで、その作り手さんたちの
メッセージを読んでいるうちに、生ける体力があるならば、
死ぬまでにみてみたいものだなんてちょっと考えてしまいます。

日本から30時間、高山病になりながらも、それでも見に行った方とか。。。
そうかそれほどまでかと。自分もその感動を味わってみたいな。

かつては海底だったとか、その自然の神秘、奇跡に出会えたら
自分はどう感じるのかな。

どの写真もどれもが本当きれいで、天国かなって思ってしまう。
モーブ色の写真が特にお気に入りです。もっと見てみたいなぁ。
早速、PCの背景に塩湖に模様替えしました。
空の写真が好きな人にはおススメです。


book 区切り 15:00 区切り comments(0) 区切り - 区切り

川あかり / 葉室麟

ドラマになると面白いかもです。
人間臭いといってしまえば、それまでですが、ほのぼのとした人情味のある
人たちに囲まれているところにじーんとします。

book 区切り 14:44 区切り comments(0) 区切り - 区切り

山桜記 / 葉室麟

長編もいいけれど、短編もよかったです。7編ともそれぞれに
いろいろな思いが伝わってきましたよ。

book 区切り 14:43 区切り comments(0) 区切り - 区切り

そして、星の輝く夜がくる / 真山仁

今までの経済小説とは異なる作風でした。
小学校の教員・小野寺とその周りに関わる出来事を通して、
震災の問題を浮き彫りにしていく6篇のストーリー。
瓦礫、報道、原発、ボランティア、風化。。。とさまざまなことが
織り込まれ、読者に問いかけてきます。自分は震災に合わなかったから関係ない
とは思えないことがたくさん目の前にありました。
続編がありそうなので、次のものも読みたいと思わせられる作品でした。

今日は残念なことが。。。美味しいお菓子屋さんが閉店で、跡形もなく
パーキングになっていた。久しぶりに食べたいと思っていたのに。
だいぶ久しぶりだったせいか全く知らなかった。
なかなか他にない懐かしい昔ながらの甘い甘い味が恋しくて悲しいです。


book 区切り 21:25 区切り comments(0) 区切り - 区切り

置かれた場所で咲きなさい

こどもの頃、小学生か、それとももう中学生だったころなのかな、
何気なくパラパラとみたものに、次のお話が載っていて
心にずっと残っていました。

この世に「雑用」という用はありません。
私たちが用を雑にした時に、雑用となるだけです。

当時、気高さという言葉知らなかったと思うけど、子供心にも何か
感じ入るところがあったのだと思う。ずっと記憶にあり、
今でもそうありたいと心がけるように思いだします。
同じ作業をしなければならないとしたら、どちらが気持ちよく
できるか、物事の受け止め方みたいなものを教えていただけたのだと
思います。

著者の本を読んでみたいなと思いつつも、なかなか手に取ることが
なかったのが自分でも不思議なのですが…信仰心やカトリック教のことが
不案内でも、わかりやすく説かれていて、ひとつひとつに
温もりを感じられます。
ご自身のご経験、また詩も引用されていて、読み終える頃には、
静かな心地になれました。

迷うことができるのも、一つの恵み。

本当に。今の自分の環境、時代に感謝しています。
それなのに決断、選択をしてこなかったのは、
いのちの無駄使いだったのだなぁと。恐れを手放して強く
ありたいな。

続きを読む >>

book 区切り 18:05 区切り comments(0) 区切り - 区切り

赤毛のアン

 NHK朝ドラ「花子とアン」、初回からみています。

アンのシリーズは幾度となく読み返していた大好きな本で
とても懐かしいなぁ。おそらく訳されていたモンゴメリの作品は
こどもの頃、全部読んでいたはずだから。

たしかクリスマスプレゼントにシリーズがボックスに入っていたのを
覚えています。文庫本がちょっと大人に扱われたように思えて
嬉しかったせいかな心に残っています。
祖母からか両親からかは思い出せないけれど。

だから、その訳者の村岡花子さんのストーリーに興味があります。
アニメも映画もあったし、プリンス・エドワード島にもとても憧れていたなぁって。
今の小学生の女の子って読むのかな?

book 区切り 21:18 区切り comments(0) 区切り - 区切り

グリード / 真山仁

強欲は善。。。うーん、強欲な部分があっても、他人さんにはひけらかしたくない
部分なのではないかな、オブラートに包み隠してかな。
むきだしな人はちょっと怖いです。そういうアグレッシブさ、ハングリーなのも
確かに大事だけれども。
国民性の違いと言ってしまえば、それまでだけれども、だからこそ
その人々の強欲な部分にしかけられていく色々な展開が面白かったです。

やっぱりこれも映像でみたいな。大森南朋の鷲津がとてもみたいです。
長いあいだみていないもの。
このあいだのドラマもよかったけれども。憂いを秘めた、すべてを
ひけらかさない大人な演技がいいです。


続きを読む >>

book 区切り 21:11 区切り comments(0) 区切り - 区切り

美人の古典

いちいちタイトルに美人の〜っていれなくていいのになぁ。
なんて思いながらも借りてみた一冊。
おさらいのつもりだけだったのだけど、読んでみたいなって
思える作品もあり、ちょっと得した気分になれたかな。
作者の目線からやさしくわかりやすく書いてあるので
よかったです。落ち着いた文書からほっと安らげます。

book 区切り 21:04 区切り comments(0) 区切り - 区切り

さわらびの譜

長女・伊也のまっすぐな気性よりも、次女の初音の方が
私には女性として深みを感じられました。
慎みの中にも芯の強さが感じられて、たおやかな女性として
描かれています。
弓道というのも新鮮でした。

book 区切り 19:23 区切り comments(0) 区切り - 区切り

64

緻密すぎて、自分で思いをはせる余白もなくなるほどで
息苦しい作品と感じてしまった。
力のある作家だからこそということなのだろうか。

警察の組織として、脆弱な部分をあぶりだすなど、
読み応えはあるのだけれどもだ。。。

book 区切り 21:27 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/24Pages 区切り >>