スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

教えてもらった元気になる呪文

これから、これから。

けろり、さらり、しっかり。

完璧よりも快適を目指す。

続けたいのなら、強くなるしかない。
もっと努力すること。それ以外方法はない。

今がずっと続くことはない。
続けていればチャンスはめぐってくる。

焦らず、弛まず、精進しながら待つ。

quote & lesson 区切り 19:48 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

グッジョブ - Good job -

今日から始まった5回連続のドラマ
建設会社の女性営業アシスタントの奮闘を描いている。



ラスト10分弱しか見れなかったのだが、
面白そうだって思った。

女子が自分の仕事に誇りをもって、
チームと共にテキパキと作業をこなしていく姿が
懐かしいような。
その初々しさが自分になくなっているのかなぁ。

サポート役でいる方が私はすき。
‘単にノルマをこなすだけではなく、相手の痒い所に手が届く、
仕事におけるプロ中のプロ’とここの中でも言っている。

この痒いところが自分の仕事の個性のでるところで
自分が以外にサービス精神があるのだということに
気づけて楽しかった。
たぶん私の仕事のベースはここです。
ここに楽しさを見出していた。仕事の醍醐味。
最近、そういう感覚失っているかな…。

ドラマの中では、上ちゃん(松下奈緒)は
小さなことでも「ありがとう」と言うことが
仕事を一緒にする上では大事だと…。

基本的なことだけれど、挨拶ができない人は多い。
ほう・れん・そうもしかり。

自分ができなかったことに対しては
コトバははしょらず、相手に伝えていくのは
気持ちいいことだと思うのだけれどな。
そういう言葉を大切にしている人は
仕事もできる人が多かったように思う。

たぶん、結果を評価うんぬんより
過程をみているよというのが何よりうれしいのかもしれない。

今はそういうことから大切にしていける人と
一緒に仕事をしたいと思う。
気持ちよく仕事をしていきたいもの。

何も大げさに感謝を尽くせといっているのではない。
一つはちゃんと確認したよっていうサインでもあるので
指示を与えたのであれば、私ならば伝えたいと思う。
どんなに小さな仕事でも。
たいがいこういう人だと、打てば響くようにどんどん仕事が
進み、お互い楽しい関係になれる。
できないのは、仕事の楽しさを経験していないのかなぁ。

女子社員と上手くやっていけないと、いろいろ滞りがでて
四苦八苦している人もたまにみかけるけれど、
この‘ありがとう’といえる人は
ささ〜っと女子から申し出て仕事をさばいて
あげたくなったりするので不思議。
どこかで食事おごればすむとか
そんなこと見せられても無駄なことなのに
分かってない人が多い。
それは別、仕事上のことは仕事場でが基本だと思う。

たかが挨拶、されど挨拶なのである。

quote & lesson 区切り 00:10 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

最近、ココロに残ったコトバ

先走ると不安になるもの
自分の感情から逃げない
不安は自分が見えないから

能力以外、把握できないことを捨てる
自分のいる場所⇒できることを考える
以上を求めない。

quote & lesson 区切り 14:13 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

人生いかにあるべきか?



,任燭蕕
出多良芽→出会いを大切にする心、一期一会

△△らめ
阿氣良芽→明らかに見る、前向き、プラス志向、明豊志向
        阿は光という言葉

いいかげん
良以加減→良い加減、過ぎたるが及ばざるが如し
        中道、中庸、心のゆとり→幅があるということ

生死一大事→生きることは常に大変、その瞬間、瞬間が大切とのこと。

quote & lesson 区切り 10:53 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

ぽつんとささやかれた言葉

‘忙しいって心をなくしていることなんだね’って
ぽつんとつぶやいた人がいた。
立心偏は心、そしてその大切な心を亡くす状態ということ。

だから意識して、できるだけ口にしないように心がけている。
思わず口をつく瞬間があるけれど、後で反省するもの。
たいがい凛とした姿勢を失っているときだから。

忙しいという言い訳をかっこいいと思って使っている人もいるように
見受けられることもある。
でもそれって少々辛らつだが結局のところ、
キャパいっぱいなんですって白状したも同じだ。
時と場合により、あまりスマートな印象を
与えられる受け答えではないと思う。

もちろんそれはそれで分かる部分もある。
実際、苦しいのかもしれないね。
けれどだ。
言わずもがな、きっと自分自身だけではない。
一種、甘えに思えます。
それにその手の言い訳は、一旦使い始めると
どこかゆがませて、またそれをかばうために
さらにどこかをゆがませそうだもの。

きっと頻度によるのかもしれないけれど、
相手を不愉快な気持ちに誘うチカラがあるように思う。
案外、知らず知らずの内に壁を作る言葉なのだろう。

そして反対に、休息しなさい。ほどほどに無理をせずに、
時には緊張をゆるませてねっていうサインなのかもしれませんよ。

そのぽつんとつぶやかれた言葉は
私を諭すように心にすっと入ってきた。
あなたが許容するゆとりの気持ちを持ちなさいって。

quote & lesson 区切り 19:47 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

区切り 1/1Pages 区切り