スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

くまモンのアベックラーメン

頂いたお土産。思わずパチリ。

どんぶりを抱えているところがいいです。


このラーメンは、約50年のロングセラー商品になるそうです。

生粋の熊本生まれの熊本育ちですね。

乾麺タイプのラーメンはマルタイしか知らなくて

この五木も有名なんだそうですね。

「レギュラー」と「とんこつ」の2種類ですが、

そもそも、レギュラーもとんこつなのですって(笑)。


お昼前だから早速食べてみたいのだけど、パッケージを

楽しみたいので、まだ開けたくないなぁ。いややはり

食べちゃおうか迷い中。




food 区切り 11:18 区切り comments(0) 区切り - 区切り

栗の葛善哉 / 平安殿



最近、お気に入りの粟田焼を買いにいったのですが、
タイミング的にすぐに座れそうだったので、甘いものも
頂きました(座席数がないのであきらめることも多いです)。

注文後、作られる葛ももちろん美味しいけれども、白玉も絶品です。
栗も大好きです。栗きんとんも気になりましたが、
夕方だったためか売り切れでした(涙)。
お店の方の対応もいつも気持ちよいし、岡崎あたりにいくと
何かしら理由をつけて寄りたくなります。

food 区切り 19:04 区切り comments(0) 区切り - 区切り

The Book of Tea



友人から贈られてきてびっくりした。なんでもない日のこういった
サプライズはうれしい限りです。
何よりもうれしかったのが、キレイな色のパッケージ。とてもすてきです。
今日は仕事で嫌なことがあって落ち込んでいたので癒されます。
ずっと眺めているだけでうれしくなっちゃいます♪
30種類あるそう。
どれからにしようかしらね。

この紅茶本の裏表紙に、盧同の茶歌がありました。
今まで知らなかったので、目に留まりました。
以下、引用します。

一杯目のお茶は喉と口を潤し、二杯目で孤独を忘れる。
三杯目を飲めば五千冊の書物の知識が、自分の中にあるように感じる。
四杯目で軽く汗をかけば、一緒に日頃の不満も溶け出していく。
五杯目は、肌から骨まで美しく洗われ、六杯目は仙人の心持になる。
七杯目のお茶を飲めば食事の必要もなくなり、ただ気持ちの良い清風が吹き抜けて行く。

茶は養生の仙薬であるといわれていますものね。
しばらくは十分に、お茶の世界を堪能できそうです。

food 区切り 21:28 区切り comments(0) 区切り - 区切り

うさぎ



お参りの後、立ち寄ったPizzeria Napoletana Da Yukiにて。
ピザはもちろん美味しかったのだけれども、
最後のカプチーノに描かれたうさぎにほっこりです。
くずれてしまうのが、残念だなぁと。

コーヒーに詳しくもないし、めったに飲まないのだけれど、
ここで飲むのは好きです。

この日は予約を取らないとのことで、少し待ったら
すんなりと入れました。また何度でも行きたくなるお店です。

food 区切り 13:45 区切り comments(0) 区切り - 区切り

平安殿



小さいころから変わらずに平安殿が大好き。
白餡、漉し餡なのが好み。
ゆずの香りに、古瓦を表現するために
ひび割れているさくっとした皮もよいです。

岡崎の美術館の帰りによく買ってしまいます。
甘味処も空いていたら透かさず葛ぜんざいなど
頂いて帰るお気に入りのコースのひとつです。


ところで…ずっと飽きもせずに、
母はキャラメルラスクに凝っていて色々とあるのですが、
私の好みは荒神口のhohoemiのものが好き。
しっかり焦げ目がついているところがよいです。
たまに飲むコーヒーの茶請けに一口いただきます。
ちなみに母は紫野のpetit franceの
ミルクキャラメルのラスクがお気に入りみたい。
しっかり甘くてこれぞキャラメルという感じです。
だから、ついパン屋さんに行くと見てしまいますね。
まだ流行ってるものなのかな。

food 区切り 18:39 区切り comments(0) 区切り - 区切り

今宮神社のあぶり餅

おでかけのひそかな目的でもあったあぶり餅です。
大好きな白味噌ときな粉というのがたまらなく、
加えてお餅の香ばしい香りに幸せを感じる瞬間です。
お土産もできるけどやはりできたてが一番です。

お店が二軒向かい合って営業をされていますが
一和(一文字屋和助)さんの方を贔屓にしています。
なぜか知らないけど昔から連れられていたので。


ちなみに今宮神社は良縁(玉の輿)でも知られていますが
未だご縁がないですね。。。お守りかわなくちゃいけないかしら?


food 区切り 14:47 区切り comments(0) 区切り - 区切り

電車の中で



天橋立へ向かう。
カニとエステと温泉が目的。

お弁当は和久傳。
列車の旅の楽しみです☆


food 区切り 14:43 区切り comments(0) 区切り - 区切り

Au Temps Perdu

アーツ & クラフト展行く前にカフェへ。
テラス席があったので希望して案内してもらった。

曇りがちで、秋うららとは言い切れないのが残念だったけれど、
柔らかな日の光は感じられ、大好きな友達と
のどやかな午後を過ごせた。

岡崎は四条界隈の喧騒からはなれているから、
時間の流れもゆったり感じられる。
美術館や図書館が近くにあるし、
こんなところでおだやかに過ごしたいわ〜って憧れます。



前に流れる白川と疎水があって雰囲気は十分あるところ。
水の近くは自ずと気持ちよいものだと思う。
まだ紅葉には早かったし、テラス席はこれ以上寒い日は
無理だなって思ったけれど、桜の季節や新緑の季節のうつろいを
感じられる場所ですね。
いいお店を教えていただいてよかった。
美術館内のカフェも落ち着いた雰囲気だけど、
お天気のよい日は断然こちらだ。

food 区切り 18:59 区切り comments(0) 区切り - 区切り

小豆屋うさぎ亭

虚無蕎望なかじんが閉店して、美味しい蕎麦が食べれないのは
残念だと思っていたのが、ここで夜、なかじんから続くメニューが
食べれるようになったみたい。
ここの魅力はお蕎麦だけじゃないのだなぁ。

アラカルトもあるのだけれども、プリフィクスメニューで頂いた。
で、別々のものを注文して取り分けていただいた。
蕎麦はもうできないのだけど、その代わりにラーメンや
チャーハンなど新たなものも追加されていて、
バラエティ豊かで選ぶのに迷う。

釧路産のカキの味は濃厚で、定番のさくさくした海老のてんぷら、
アナゴのは口の中でとけてしまっていました。
こういう時って、自分の体が喜んでいるようで
美味しい〜×100ってカラダの中でこだましてる感覚です。

てんぷらをうにのお塩で頂いたのだけれど、
これ欲しいわ。ネットで入手できるかなって思ったら
ひっかからなかった。あぁ、残念。聞いて見るべきだったかな。
他のお料理の話とかは尋ねてみたのに。。。

中華麺をペペロンチーノ風に仕立てたものも、斬新で美味しかった。
そのせいで、お酒もついすすんでしまいました。

なかじんの時は入店するのが19時までだったけれど20時30分までに
なっていて、18時に行ったら私たちだけでした。
その分ゆっくりできてよかったけれどね。また行ってみたい。

food 区切り 16:25 区切り comments(0) 区切り - 区切り

PIZZA SALVATORE CUOMO & GRILL 京都

ピザがこの間から食べたくて、イル ランポと
迷ったのだけれど。。

残念ながら個人的には行ったのは不正解だったよう。

あまり看板ピザも美味しくなかった。
でもそれ以外はもっと美味しくなかったので要注意です。
焼きすぎで焦げてたし、Oオイルでべたべた。
お皿はきちんと洗えてないので、べたべた。
お通しのズッキーニときゅうりの明太子和えは
冷えてなくて、おまけに乾燥してしまったのか
ぼりぼりでまずくて、店の人もきちんと確認して
お料理持ってこないしサービスもいまいち。
これで席料も取れるなんて、ずうずうしいわ、
うーむ、許せん!って思ってしまった。
おそらく2度と行かないと思われます。


food 区切り 11:13 区切り comments(0) 区切り - 区切り

区切り 1/7Pages 区切り >>