<< 満開 区切り main 区切り 白き瓶―小説 長塚節 / 藤沢周平 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

回天の門 / 藤沢周平

清河八郎という人に興味が覚えられず
途中で投げ出した一冊。
私には難しすぎました。

book 区切り 18:32 区切り comments(0) 区切り - 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 18:32 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment