<< はつ恋 区切り main 区切り 麻ひもとリネン糸で編むバッグ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

霖雨 / 葉室麟

江戸後期、豊後日田の儒学者・広瀬淡窓とその弟・久兵衛の人生を描いた作品。
この作品は静かに物事が淡々と語られていく、そう雨がしとしと降り続ける様子と
同じよう。何が起ころうとも、どこか冷静な自分が保たれている錯覚がある。
本を読むうちに、内に入りすぎていくようなことはなくて、ある一定の距離が
常にあった。だからといって、つまらないとか、あきてしまうということは
けしてない。今までの読書の感覚とは一味違ったよう。

物事はそういう風にとらえる方がいいのかもしれない。俯瞰するということに
なるのかな。自分を見失わないためにも。

心の糧となる慈雨のように、胸に染み入る作品でした。

book 区切り 15:12 区切り comments(0) 区切り - 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 15:12 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment