<< 鈴木先生 区切り main 区切り 冬姫 / 葉室麟 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

太陽は動かない / 吉田修一

こういう構成だとあとでいくらでも書けるなーって。
それぞれの人物がどこに行動の重きを置いているのか
芯がなくて、深くない、浅い。ただただ出来事が連なっていくだけ。
どこかずっとありきたりさが漂っていて入り込めない。
太陽光発電というテーマがタイムリーではあるけれどもだ。

実際に起きた事件もちりばめられていて、個人的には
どうもその部分も嫌に感じた。よくあるのだが、
この人の場合なんかとってつけたように不自然で
よく練りこまれていないから必要には感じられない、
単にストーリーをこねくりまわしているだけのように思われてしまった。

色々な人が出てきて展開もするのだが、どうも散漫でした。
シリーズ化の予定でもあるのだろうか、だから今回は
描ききらなかったのだろうか。。。?

吉田修一さんのは初めて読んだけど、つまるところ文体は
自分の好みではないようです。

book 区切り 17:43 区切り comments(0) 区切り - 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 17:43 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment