<< Chris Hart 区切り main 区切り 64 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

泥象 鈴木治の世界 ―「使う陶」から「観る陶」、そして「詠む陶」へ―



新聞の美術評論をみて興味をもち行ってきました。
詩的なタイトルをみて、自分なりのイメージが湧き面白かったです。
お盆にいったせいか、とても空いていたのもあって、
ゆっくりと過ごすことができました。

シンプルで素朴な陶からは、こどもの頃、空を眺めては、
友達と競い合って雲の形から連想できるイメージを伝えあっていた時間、
なんでもないような日常的なことなのだけど、とてもなつかしい感覚。
とても瑞々しい気持ちを思い起こすことができた。
いくつか好きだなって思えるのあったのだけど、
特に気にいったのは、「消えた雲」。

でもちょっと今は暑すぎて空を見上げて、イメージを膨らませるは
無理かな…。

music,cimema & art 区切り 10:52 区切り comments(0) 区切り - 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 10:52 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment