<< 泥象 鈴木治の世界 ―「使う陶」から「観る陶」、そして「詠む陶」へ― 区切り main 区切り さわらびの譜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

64

緻密すぎて、自分で思いをはせる余白もなくなるほどで
息苦しい作品と感じてしまった。
力のある作家だからこそということなのだろうか。

警察の組織として、脆弱な部分をあぶりだすなど、
読み応えはあるのだけれどもだ。。。

book 区切り 21:27 区切り comments(0) 区切り - 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 21:27 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment