<< 置かれた場所で咲きなさい 区切り main 区切り 山桜記 / 葉室麟 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

そして、星の輝く夜がくる / 真山仁

今までの経済小説とは異なる作風でした。
小学校の教員・小野寺とその周りに関わる出来事を通して、
震災の問題を浮き彫りにしていく6篇のストーリー。
瓦礫、報道、原発、ボランティア、風化。。。とさまざまなことが
織り込まれ、読者に問いかけてきます。自分は震災に合わなかったから関係ない
とは思えないことがたくさん目の前にありました。
続編がありそうなので、次のものも読みたいと思わせられる作品でした。

今日は残念なことが。。。美味しいお菓子屋さんが閉店で、跡形もなく
パーキングになっていた。久しぶりに食べたいと思っていたのに。
だいぶ久しぶりだったせいか全く知らなかった。
なかなか他にない懐かしい昔ながらの甘い甘い味が恋しくて悲しいです。


book 区切り 21:25 区切り comments(0) 区切り - 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 21:25 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment