<< suria ラグタオル 区切り main 区切り 明日の記憶 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

山菜のめぐみ

春は、ほろ苦い野菜のオンパレード。
昔は苦手で、どこが美味しいのか分かりませんでしたが、
今は独特の香りや苦味が、くせになりそうです。

昨日、夕ごはんで頂いた、しどけ、わらび、ほんな、
じゅんさい、あいこ…。
おばが秋田より持参。
山菜の味の決め手は、北緯38度近くが最高のバランスなのだそう。
以北では味が薄く、以南ではくど過ぎるという事だそうです。

しどけ(春の山菜の王様)のほろ苦さと、わらびのトロッとした触感は
豊かな味わいがあります。

そういえば、先週17日に放映されたNHK‘ゆるナビ’の中で、
食事指導家 伏島多佳子さんが、春野菜の苦味成分には、
寒い冬、縮こまった体を覚醒してくれるものであると。
老廃物の排出や、抗酸化作用のあるポリフェノール、
新陳代謝を促進する作用があるそうです。
その切りかえが上手にできないと、体のだるさほか不快な症状がでてくる。
体のメカニズムって面白いですね。
そして四季折々のモノを、きちんと頂くというのは、
人間の体にとっても、ご馳走なんですね。

food 区切り 18:55 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 18:55 区切り - 区切り - 区切り

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://shi-zu-ku.jugem.jp/trackback/85

Trackback