<< 花よりもなほ 区切り main 区切り Camouflage >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

天使と悪魔

天使と悪魔 (上)
天使と悪魔 (上)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
天使と悪魔 (中)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥
天使と悪魔 (下)
ダン・ブラウン, 越前 敏弥

ダン・ブラウン作、ラングドン教授シリーズ1作目の
ヴァチカンを舞台に描かれている‘天使と悪魔’を読みました。
‘宗教と科学の対立’がテーマで、読み応えは十分。

教皇を選出するコンクラーベについても詳細に描かれていて、
連綿と続く西洋の歴史の厚みを感じられ
深奥に触れることができるようでした。
全体的に2作目のような暗号や象徴学的見地からの謎解きの部分は
‘ダ・ヴィンチ・コード’ほど、フォーカスされて
いなかったように思います。
代わりにヴィジュアル的な面白さというのか、
秘密結社の有する刻印のデザインなど堪能でき圧倒されました。

キリストの世界を理解するためには、このテーマの歴史は
はずせないんだろうな。

残虐なシーンとかあるのは苦手なのだけれど、
映画化されるそうです…。
どのように映像化されるのかと
面白い要素はふんだんにありますが、
当地で撮影なんていうのは実現可能なのかしら?


book 区切り 15:54 区切り comments(8) 区切り trackbacks(7) 区切り

スポンサーサイト

- 区切り 15:54 区切り - 区切り - 区切り

Comment

こんばんは!日本負けたのをみながら、書いております。

天使と悪魔!読まれたのですね!!早いですね!すごく読みたいのですが、目を使いすぎていて首がおかしいので自粛しております。ww。よみたいわー。

でも、我慢できなくて、今日、ダヴィンチコード、ヴィジュアル愛蔵版を購入してました☆

写真や絵のあるところを復習がてら、ちょっとずつ読もうと思います。


私も早く天使と悪魔にすすみたいわ♪

キャッキエローナ 区切り 2006/06/13 12:02 AM

キャッキエローナ さん、こんにちは!
負けてしまいましたね。
昨日の夜、私も試合見ていました。
天使と悪魔を一気に読んでしまったので
寝不足で後半は辛かったのですけれど。

ちょうど文庫版がでたところで、
ダヴィンチコード読み終わったら
すぐに購入しました。面白いって
思ったらすぐに飛びついてしまいました。

どうにも区切りがつけられず、
一気に読み終えました。
私は夜中に読むのは少々怖い場面が
ありました。
長すぎるといわれているようですが、
テーマが壮大なので、必然かなって。

ヴィジュアル愛蔵版を購入されたんですね。
私もこのブームに、しばらく
はまりそうな気配を感じます。

shi-zu-ku 区切り 2006/06/13 10:26 AM

TBありがとうございました。
とてもおもしろかったので、映画の方も楽しみにしています。

うるる 区切り 2006/07/09 2:29 PM

私も今から、どのように
映像化されるのかと
楽しみにしています☆

shi-zu-ku 区切り 2006/07/10 9:26 AM

TBありがとうございました。
読み終えたときには映画化は無理だろうなぁと
思っていたのですが、してしまうようで・・・
『ダ・ヴィンチ〜』に比べると秘密が
生生しい(笑)ので大丈夫なのでしょうか?
映画も楽しみですが、出来上がるまでの経緯も
興味深いものになる予感(笑)。

ひらで〜 区切り 2006/07/10 10:00 AM

コメントありがとうございます。
こちらの方が映像化は困難な気がしますよね。
ヴァチカンが舞台であることや
おぞましいシーン…とあって
考えるとゾクゾクしてきます。
それに仰るとおりカメルレンゴの配役なども
気になるところですね。
ホント誰になるのかな?

shi-zu-ku 区切り 2006/07/10 1:25 PM

TB有難うございます。
先日ダン・ブラウンの処女作「パズル・パレス」を読み終わりました。こちらも映画化するとヒットそうな内容で面白かったです。しばらくダン・ブラウンの作品にハマりそうです^^)。

ぶーすか 区切り 2006/07/12 7:55 AM

コメントありがとうございます。
「パズル・パレス」、私も読んでみようかと
思っています。
あらすじ読んだだけでも、
映画化したらヒットしそうですよね☆

shi-zu-ku 区切り 2006/07/12 7:30 PM

Submit Comment









Trackback URL

http://shi-zu-ku.jugem.jp/trackback/91

Trackback

天使と悪魔 ダン・ブラウン著
「ダ・ヴィンチ・コード」に続きロバート・ラングドンのシリーズ第1弾 「天使と悪魔」を読む。 話はセレンというスイスにある研究機関の物理学者が残殺され、その胸には「イルミナティ」という組織の犯行を臭わす焼き印が押されていた。イルミナティは17世紀にガリ

ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 区切り 2006/07/09 11:44 AM

「天使と悪魔」(ダン・ブラウン著)
「ダ・ヴィンチ・コード」の著者ダン・ブラウンによるラングドン教授シリーズ第1弾がこの「天使と悪魔」(上・中・下巻)ということで、「ダ・ヴィンチ・コード」の映画公開中という絶妙なタイミングで文庫版が発売されたので購入して、さきほど読み終えました。こちら

Un Dia de Noviembre 区切り 2006/07/09 2:27 PM

『天使と悪魔』
図書館で7人の予約の後、 やっと読む事が出来ました。 『ダ・ヴィンチ・コード』の方を 先に読みましたが 違和感はなく、 コンクラーベについては、 先日実際にあった事なので 興味深く読む事が出来ました。

☆お気楽♪電影生活☆ 区切り 2006/07/10 9:17 AM

読書:天使と悪魔(ダン ブラウン)
天使と悪魔(ダン ブラウン) 「悪魔の穴開くサンティの土の墓より  ローマに縦横に現わる神秘の元素  光の道が敷かれ聖なる試練あり  気高き探求に天使の導きあらん」  スイスのセルンで起こった殺人事件。死体には秘密結社イルミナティの紋章が残され、

駒吉の日記 区切り 2006/07/10 10:55 AM

天使と悪魔/ダン・ブラウン
反物質を研究していたヴェトラ博士が殺害される事件で物語が始まります。その胸には、かつて滅びたはずの科学者組織「イルミナティ」の刻印が焼き付けられていました。そこで宗教的象徴の研究をしているラングドン教授が事件解決のため引っ張り出されます。 バチカン

文学な?ブログ 区切り 2006/07/22 2:45 PM

▲小説▼天使と悪魔:ダン・ブラウン著(越前敏弥訳)
『ダ・ヴィンチ・コード』の原作が面白かったので、お約束のようにこの本も手に取って

映画とアートで☆ひとやすみひと休み 区切り 2006/09/11 9:13 PM

『天使と悪魔』 ダン・ブラウン
未だに、『ダ・ヴィンチ・コード』を読んでないのですが。 こっちの方が図書館にあったので、読んでみました。 こっちの方が、『ダ・ヴィンチ〜』よりも前の物語らしい。 登場人物の誰も彼もが、怪しくて。 コイツ怪しい…と思った人が殺され、じゃぁ誰なの!

*モナミ* 区切り 2007/06/02 5:11 PM